キラーナ緑茶 グリーンV

身体をいたわりながらしなやかに美しくなる

お茶にはポリフェノールやビタミンC、カテキンなど様々な抗酸化物質が含まれています。これらの作用は摂取してから1〜2時間がピークで、4時間ほどで効果はほぼ消失すると言われています。

日本では一日の中で、朝、10時、昼、15時、夜と、食事や休憩のタイミングでお茶を飲む習慣がありますが、これは単に食事やおやつのお供としてではなく、実に理にかなった健康習慣と言えるのです。

「KIRANAグリーンファイブ」は、味わい豊かな国産有機緑茶に、栄養素豊富な大麦若葉や白いんげん、じゃがいも、そしてダイエットをサポートしてくれる難消化性デキストリンをプラスしました。毎日のお茶の時間に取り入れるだけで、植物の力が身体をいたわり、しなやかな美しさへ導きます。


お客様の声

飲み始めて10日後くらいから体がスッキリして、だるさや疲れがなくなってきたので、朝のウォーキングなどなるべく、意識的に動くようにしました。過剰な食事制限も、特にすることなく、現在3キロ減でかなりいいペースです。
50代男性(埼玉県)
何かを食べる前に飲む習慣がついて便通がよくなったからか、たくさん食べた日でも体重が急に増えることはなくなりました。これから40代になっても体重を気にせず、おいしいご飯を食べ続けていきたいと思います。
30代女性(三重県)

5つの厳選素材

国産有機緑茶など5つの厳選素材を配合。
スリムをサポートする成分を一緒に摂れる新しいスタイルの緑茶です。
(素材の説明は一般的に公開されている内容です)

難消化性デキストリン

加熱処理した馬鈴薯デンプンを加水分解し、難消化性成分を分取して調整される水溶性食物繊維です。糖分が気になる方や毎日のスッキリを求める方におすすめの成分です。

白いんげん(ファビノール)

食物繊維が豊富ないんげんは、レクチン、ポリフェノール、アミノ酸も豊富に含んでいます。中でも白いんげん抽出物は、糖分が気になる方におすすめの成分です。

じゃがいも(プロテナーゼインヒビター2)

じゃがいもはイモ類の中でもビタミンC、葉酸、カリウムが豊富です。プロテナーゼインヒビター2はじゃがいもから発見されたたんぱく質で、満腹感を促します。

有機緑茶

土づくりから栽培まで手間ひまをかけた有機無農薬にて国内で栽培されています。茶の木自体が病気や害虫に対し本来の抵抗力を持っています。

大麦若葉

大麦は世界で最も古い作物として紀元前から栽培されています。食物繊維、各種ビタミン、葉酸、カテキン、カルシウム、亜鉛、SOD酵素など、健やかな毎日に欠かせない栄養素がぎゅっとつまった生命力溢れる植物です。



緑茶の歴史

茶の栽培が始まったのは4世紀頃の揚子江流域。
唐の時代に輸出され日本に到来しました。
9世紀に嵯峨天皇がお茶を飲んだ記述が『日本後記』に残されています。
その後日本でも近江、丹後、播磨地方で栽培が始まりました。

中国から日本、そして世界へ

唐の時代に飲まれ始めた頃の茶は、茶葉をついて固めた「団茶」という形状でした。宋の時代になると、茶を蒸して乾燥させ、粉末にして飲むスタイルが広まりました。それを日本に広めたのが臨済宗の開祖・栄西です。宋に留学した栄西は、禅の修行にかかせない茶の普及のため、茶の効能や製法を『喫茶養生記』に著し、宇治、大和、伊勢、駿河、武蔵など現在も続く茶の名産地へ、栽培を広めました。
そして、茶は世界へ。16世紀にオランダの東インド会社かが平戸で茶を買い付けたのが、ヨーロッパに渡ったはじめてのお茶と言われています。

茶道の確立と煎茶の誕生

日本の茶は室町時代に入り、千利休が「茶の湯」を確立し、茶道文化へと昇華。幕府の下で発展し、江戸時代には全国に広がります。
一方その頃、中国では釜で炒った香ばしい煎茶が流行します。その製法を日本にもたらしたのが、インゲン豆を伝えたことでも知られる隠元禅師です。「淹茶法」と呼ばれる急須でお茶を淹れる方法は、手軽さが受け庶民に定着しました。
18世紀に入り、宇治の農家、永谷宗円が画期的な茶を開発しました。釜炒り茶の製茶過程に、抹茶と同じ「蒸し」を取り入れ、「蒸して揉む」ことによって、香り高く、水色が美味しいお茶が生まれました。現在の煎茶の誕生です。
明治維新によって貿易が解禁されると、日本の茶は世界へと広まります。19世紀に入り紅茶の台頭で輸出は減少に転じていきましたが、近年では和食のブームや健康志向の高まりから再び世界で緑茶への関心が高まっています。

ご存知ですか?緑茶に含まれる主な効能

カテキン渋味成分

生活習慣病の予防効果


ポリフェノールの一種で、緑茶に多く含まれ、優れた抗酸化作用を発揮します。近年では脂肪燃焼効果も注目され、ダイエットに期待が高まっています。

サポニン苦味成分

血圧低下 殺菌・抗菌作用


洗剤の代わりに利用されるほど殺菌・抗菌に優れる成分。強力な抗酸化作用をもち、コレステロール値の低下、血流改善、老化抑制、肥満予防にも効果があります。

テアニンうま味&甘味成分

脳の神経細胞を保護


日光に当たるとカテキンに変化する成分。リラックス効果や冷え性の改善、安眠効果、集中力の向上、高血圧の予防が期待できます。

カフェイン渋味成分

覚醒・利尿作用


覚醒作用のほか、ダイエット効果、血流改善、利尿作用、アルツハイマー・パーキンソン病の予防などに効果があると言われています。

その他


その他コラーゲンの形成に必要なビタミンC、皮膚や粘膜の健康維持するビタミンB2、動脈硬化予防に役立つ葉酸、夜間の視力維持に役立つβカロテン、抗酸化作用のあるビタミンE、虫歯予防のあるフッ素、血圧低下作用のあるαアミノ酪酸、ミネラルや消臭作用のあるクロロフィルなど多様な効果・効能があります。



グリーンファイブ

原材料名 国産有機緑茶、難消化性デキストリン、大麦若葉搾汁末、白いんげん豆抽出物、じゃがいも抽出物
内容量 60g(2g×30包)
賞味期限 お届けから半年を目安(製品に記載)
保存方法 高温多湿を避け、直射日光の当たらない場所に保存してください。

栄養成分 1包(2g当たり)

エネルギー 8.09kcal
たんぱく質 0.25g
脂質 0.04g
炭水化物 1.68g
ナトリウム 1.24mg

使用上の注意

・原材料をご参照の上、食物アレルギーのある方は、お召し上がりにならないでください。
・まれに体質に合わない場合があります。その場合はご使用をおやめください。
・飲みすぎあるいは体質・体調によりお腹がゆるくなることがあります。
・小さなお子様の手の届かないところに保管してください。
・原材料の特性上、製品ごとの色合いの違いなどが見られることもありますが、品質上問題ありません。
・薬を服用中の方や妊娠および授乳中の方は事前に医師または薬剤師にご相談ください。